副作用

育毛シャンプーの効果の程

育毛シャンプーに効果があるかどうかを検証するためには、そもそも育毛とは何かを知らなければなりません。
育毛とは「今ある毛を丈夫に育て、抜け毛を防ぐこと」です。
発毛という言葉もありますが、こちらは育毛から一歩進んで「毛のない所に毛を生やす」ということになります。

育毛シャンプーを使っている人の口コミを見ると「抜け毛が減った」「髪の毛にコシが出てきた」というものがたくさんあります。
育毛シャンプー販売各社の調査によると、育毛シャンプーを使った方のリピート率は非常に高いとのこと。
90%以上のリピート率を誇る育毛シャンプーもたくさんあります。
このことから、育毛シャンプーの効果を実感している方が多いことがわかります。

それではなぜ、育毛シャンプーを使うと抜け毛が減ったり、髪が丈夫になるのでしょうか?
丈夫な髪を育てるのに大切なことは、頭皮を健康な状態に保つこと。
「皮脂が多すぎる」「乾燥している」「毛穴が詰まっている」というような不健康な地肌では、丈夫な髪が育ちません。
頭皮を健康な状態に保つのが、育毛シャンプーの役割です。

スーパーやドラッグストアで売られている安価なシャンプーと育毛シャンプーでは、大きな違いがあります。
一番大きな違いは使っている洗浄成分。一般的なシャンプーの洗浄成分は石油系界面活性剤です。
石油系界面活性剤は安価ですが、刺激が強く頭皮の皮脂を取りすぎてしまいます。
その結果、フケの多いカサカサの頭皮になってしまったり、逆に皮脂の分泌を過剰にしてベタベタの頭皮になってしまうことが少なくありません。

「毎日シャンプーしているのにフケがでる」または「毎日シャンプーしているのにべたつく」という方は、そのシャンプーこそに問題があるのかもしれません。
正しい育毛シャンプーの基本的な使い方についてはこちらでもくわしく解説しています)
その場合、アミノ酸系の育毛シャンプーに変えることで頭皮の状態が落ち着いてくるはずです。
育毛シャンプーで洗ったあとに、育毛ローションや発毛促進剤を使うと浸透がよく、相乗効果が期待できます。
(においが気になる方はこちらの記事もおすすめです → 「臭い改善、育毛シャンプー